営業品目

  • HOME
  • リサーチダイエット社のサイエンティスト達

リサーチダイエット社のサイエンティスト達

リサーチダイエット社のサイエンティスト達をご紹介します。
論文や情報の提供、プロトコル作りのお手伝いなど豊富な経験と知識に基づいたサイエンスサポートに定評があります。ご研究内容に最適の配合表を作成・ご提案します。 ご質問・ご相談などお気軽にご連絡ください

Edward A. Ulman, Ph.D. - 社長 CEO
リサーチダイエット社は彼の自宅のキッチンから始まった。
リサーチダイエット社の設立者であり経営者でもあるUlman氏は30年近く実験動物の栄養学を専門としている。 摂餌量測定器 BioDAQの考案者でもあり、BioDAQ開発にも力を注ぐ。
Matthew Ricci, Ph.D. - 副社長/Science Director
Susan K. Fried氏Ph.D.のもと、主にヒトの脂肪組織から分泌されるレプチンをvitroで学び、2000年にラトガーズ大学にて栄養学の博士号を取得。その後イーストオレンジにあるVA Medical Center のBarry E. Levin氏MDのラボにポスドクとして勤務。 その間、高脂肪飼料負荷のSDラットにて、体質的に肥満になりやすい群と肥満になりにくい群を用い食餌製肥満を専門とした研究を行う。
Dima Gamaleldin, MB BCh. - International Marketing Specialist
エジプト カイロにあるAin Shams University 医学部にて医療看護を学ぶ。米国ニュージャージー州ニューブランズウィックにて健康管理の専門家として勤務。Dimaの医薬に関する専門知識・臨床現場での経験は、リサーチダイエット社の実験動物研究において異なる角度からの視点・考え方を与えてくれている。
Michael A. Pellizzon, Ph.D. - Senior Scientist
ミシガン州デトロイトにあるウェイン州立大学にて栄養食品科学の博士号を取得。フィラデルフィアにあるPennsylvania Medical Centerにてポスドク特別研究員として勤務。その間、マウスにおける動脈硬化のリスクに関連した分子レベルのメカニズムに栄養がどう影響を与えるかを研究。さらにフィラデルフィア小児病院とウェイン州立大学にて肥満研究を行った。Mikeの幅広い経験と知識は、特注飼料の配合作成にも役立ち、研究者達からの強い信頼を得ている。
Steven Yeung, M.S. - Project Manager and Scientist
コネチカット大学にて、栄養学の学士と修士学位を取得。肥満モデルマウスを用いて非アルコール性脂肪肝に対する抗酸化物質の影響を研究した。その後、カスタムメイド飼料、ヌクレアーゼ、動物モデル、細胞株等の作製に携わるリーディングカンパニーにて高い専門性を磨く。Stevenの多方面の知識は、オーダーメイド飼料に欠かせないものとなっている。
Hyeran Jang, Ph.D. - Project Manager and Scientist
葉酸やメチル基源欠乏のモデルを用いて栄養学的エピジェネティクスを研究し、タフツ大学で博士号を取得。ボストン大学と Brigham and Women's Hospitalでは、発生初期における環境要因が生理的過程(新生児のプログラミングなど)へ与える影響について研究した。ソウル大学校とタフツ大学を卒業後は、栄養補助食品会社との共同研究プロジェクトに数多く携わり、非臨床の研究プロジェクトを成功させ、産学の橋渡しを務めた。
Sridhar Radhakrishnan, Ph.D. - Project Manager and Scientist
ムンバイの化学技術研究所にて製薬と精製化学を学び、コロラド州立大学では食品科学と栄養学の博士号を取得。ペンシルバニア州立大学の食品科学部の博士研究員を経て、リサーチダイエット社の一員となった。in vitroとin vivo(マウス・ブタ)の両方でスクリーニング、毒性評価、薬効、植物由来化学物質の抗炎症・抗癌力価試験の経験を持つSridharならではの知識・技能・視点で研究者達をサポートする。
Jia-Yu Ke, Ph.D. - Project Manager and Scientist
国立台湾大学にて生化学科学技術の学士号と分子医学の修士号、オハイオ州立大学にて栄養科学の博士号を取得した後、ウェクスナー医療センターで博士研究員として栄養及び腫瘍学分野の臨床研究に従事。栄養学、機能性食品、代謝、肥満、乳癌など幅広い分野において学術機関での実践経験を持つJia-Yuの豊富な知識とスキルは、試験や飼料をデザインする上で研究者達の力強い助けとなっている。

上記サイエンティストの他リサーチダイエット社は、飼料を製造するプロダクションチーム・品質管理担当者・被験物質管理者など多くのスタッフで構成されています。質の高いサービスと最適な飼料の提供をポリシーとし、日々お客様からのご要望にお応えしています。

リサーチダイエット飼料は世界63カ国で使用されています
アルゼンチン ドイツ マレーシア オマーン
オーストラリア ギリシャ メキシコ スウェーデン
オーストリア 香港 ニュージーランド スイス
ベルギー ハンガリー ノルウェー 台湾
ブラジル アイスランド パキスタン オランダ
カナダ インド ペルー アラブ首長国連邦
チリ インドネシア フィリピン イギリス
中国 アイルランド ポーランド アメリカ
コロンビア イスラエル ポルトガル 西インド諸島
クロアチア イタリア マケドニア エジプト
チェコ共和国 ジャマイカ サウジアラビア ナイジェリア
デンマーク 日本 スコットランド タイ
エストニア ヨルダン シンガポール トルコ
エチオピア ケニア 南アフリカ クウェート
フィンランド リトアニア 韓国  
フランス ルクセンブルグ スペイン  

リサーチダイエット社のサイエンティストご紹介 原文はこちら

お問合せはこちらまで

▲ページトップへ